資本主義と価値主義ー『お金2.0』

 

こんばんは、きょうとです。

リーマンショックから東芝を代表する、企業による過度な利潤追及のために発覚する不正や問題等、「お金の最大化」を目的とした資本主義は、随所にその綻びが露呈されています。欧米では昨今では社会企業家やプロボノといった形態で活動する人々が増えており、「お金にならないが価値があること」を感じる人々と、資本主義との間にGAPを感じる環境・思想が色濃く見える時代がきたように思えます。

最近、私も独立団体が運営する資産運用セミナーに参加する機会があるのですが、多くの方が元証券会社で働いていましたという人たちです。その方々が、口を揃えて言うことが「自分の売っている商品は家族には絶対売らない。多くの人を本当に経済面の問題を解決したい」そうして好待遇の金融機関を退いて、法人を設立したりFPとして独立されておりました。

ここから見てとれるのは時代とともに「お金という価値」から「お金になりにくい価値」を中心に人は活動を行っていくことが予想されるということです。

これを本書では「価値主義の到来」と称し、人々はお金中心主義から、真・善・美・愛といったものを評価対象とし追及していくと述べられています。その要因の一つにテクノロジーの進化があります。Youtubeはユーチューバーという新たな価値を追う職業を生み、インスタグラムやFacebookなどの「いいね!」は良いという価値の可視化を実現します。またクラウドファンディングVALUやタイムバンクといったものが、人々にとって様々な方法で資産を稼ぐことを可能にし、このようなテクノロジーがお金中心主義を荒廃させ得るものということです。

 

上記のような経済システムの変化に対応できる人材になることが成功を生む秘訣の一つだと思いました。

 

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

 

 

 

 

人生100年をどう生きるか 〜パートナーと一緒に考える家計と資産運用〜セミナーに参加しました!


 

おはようございます。きょうとです。

PEATEX経由で資産運用セミナーに参加しました。若年層カップルやご夫婦様により重きを置き、パートナーともに今後の資産運用を考えるという内容です。下記に自分の中で内容を整理しつつ、まとめを書いておきます。

◆立ち位置とゴールをはっきり持つこと

資産運用を始めるにあたってまず大切なのが「自分にどれだけお金があり、いつ・どれくらい欲しいか」ということです。グーグルマップを例に説明されていましたが、自分の位置と目的地が明確でないとそこまでの経路は検索できません。

投資はリスク・リターンがつきものです。すぐにお金がたくさん欲しい!という方がローリスクな運用ではそもそも不可能ですし、そもそも投資が必要がない方も中にはいるかもしれません。各人の人生設計に合わせて、運用方法を選択しましょう。

◆目的意識をもつこと

かつての日本経済は右肩上がりでした。そういう時代では平均的な行動、周囲の人間と同じ行動をとってもある程度の生産性は出せます。しかしこれからの変化の激しい時代では従来とは異なります。人生100年時代にはいり、年金制度は崩れていく時代で、自分の財産は自分で守る。それにあたり「自分自身のゴールを持つこと」が大切です。

またブログや趣味なんていうのも「なんとなく始めました」という方は、なんとなくやめてしまいます。自分自身に問いかけをかけていきなぜ必要なのかをしっかりと府に落として考えましょう。

◆「資産運用の4つエッセンス」

  1. 長期で運用する
  2. 低コストで運用する
  3. 資産を分散する
  4. 時間分散(積み立て)

複利効果を利用し長期で運用することが最も安定で効果的運用方法とのこと。運用中の手数料には気を付けなければなりません(低コスト)。パーセンテージで書かれると人間は具体的な数字をイメージしにくいものですがしっかり実数で把握しましょう。また資産を分散することでリスクを低減できます。世界経済で見れば確実に成長しているので世界の株を持っていることがリスクヘッジになるということです。購入は「ドル・コスト平均法」を用いること、積み立てで投資することで価格が低い時は多く、高いときは少なく買うことで長期的に利益を取るような感覚で購入すると効果的というお話でした。

f:id:RSW364:20180114091959j:plain

セミナー資料


eatix.com

経済システムについてーー『お金2.0』より

 生産活動を回す仕組みを「経済システム」と呼び

第一章「お金とは何か」の中で、生産活動を回す5大要素を紹介しています。

 

①インセンティブ

人々の様々な欲求を満たす要素

②リアルタイム

環境・対象に変化があり、人々に緊張感を高め熱量の高い活動が生まれる

③不確実性

ゴールが定まっていないため積極的に働く

ヒエラルキー

待遇・立ち位置に差をつけることで動機付けになる

⑤コミュニケーション

他者との関わりにおいて人は存在する

 

例えば「会社」はこの5大要素を含んでおり、今日生産活動の大部分を会社によって行われています。

給与・ボーナス(インセンティブ)は言わずもがなですが、時代や世相によって会社の売上や立ち位置が左右される(リアルタイム)点、既存の生産活動だけ行っていては市場で取り残される点(不確実性)や役職などのヒエラルキーも有している。また会社の同僚などのコミュニケーションの場所としても存在している点でこの「会社」という存在が高い生産活動を行える点であり、この5大要素を効果的に発揮できる会社がより高い生産活動を行っていると筆者は述べています。

 

他にもサービス(インスタグラム)など、高い生産性を誇るものにもこれらの要素が含まれていると書かれています。今後、市場でヒットするものに対して、評価する良い指標となると思いました。

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

 

 

AIとサルトル

www.nikkei.com

 

メディアを賑わす「AI」。日々進化するその学習機能は多くの人を驚かせているが

「このままだと人間はどうなっちゃうんだろう」と考えるのは僕だけではないと思う。

 

学習が高度になるにつれ、情報を統計化しいつぞや現時点で不可能な「判断」を行える存在へとAIはなると考えられるが「判断を行える」それ自体イコール、それは心を持つということではないのか。心とはそれをもつ人の人生の中のあらゆる経験を統計化し、行動基準の原動力となっていると考えられる。ロボットは心をもてる存在と考えられるのである。

 

モノとヒトを分ける時、何が大きな要点となるのか。それを考えるにあたりサルトルのいう「存在は本質に先立つ」という言葉は実に興味深い。物体が存在するということはそこに何かしらの理由があるべきである。例えばハサミは切るために、掃除機はゴミを吸い取るためにというように。それでは人類はどうだろうか。ここに大きな相違点があるのだが、人類には明確に存在するための理由がないのである。まずそこに、ここに存在があり、生きていく中で人類は存在の理由を見つけていく。この点が物体と人類の最も大きな違いではないかと考えられる。

 

ロボットはどうだろうか。彼らは人類によって価値を生むために造られたものであるが学習する中で自らの存在を疑うことになるのだろうか、多くの情報を処理し学習する中で生への疑念を見つけだし自傷行為を行うようなことがあれば、その時はじめて人類とロボットの壁はなくなるのではないだろうか。

 

 

 

多動力とPlannned happenstance theoryについて

先日、NewspicsとRead for Actionのコラボ企画の読書会に参加させて頂きました。

 

f:id:RSW364:20170712085728j:plain

堀江貴文氏『多動力』をいかに実生活に役立たせる読み方を学ぶというものです。

・本を読む前に、カバーや帯から問題提起を行う

・目次から問題に対しての答えが見つかるような箇所を探し読書を行う

これを繰り返すことで単純な読書より自身の中にメッセージが残り、アクションに繋げやすいというお話は非常に参考になりました。

ちなみに私は

Q.わくわくする人生、なりたい自分が見つかりません

堀江氏にボコボコにされそうな考えですが、『多動力』は答えてくれます

A.全力で何かに没頭し、全力で飽きる/深く考えず新しいことにチャレンジする/とにかく行動

これを踏まえ、毎日新しいこと(セミナー交流会参加、旅行、行ったことのないやったことのないものを挑戦)にチャレンジしようと考えました。

 

とにかく行動し、そこから何かを生み出すーーこの考え方はキャリア理論学でいう

「Planned happenstance(計画された偶発性理論)」に共通するものだと思います。

計画された偶発性理論とは、「人々の成功要因において、共通するものは共通点がないこと」という言葉表すように、成功への秘訣は「偶然」をベースに成立させるというものです。例えば、Appleスティーブ・ジョブズ氏もMacを成功に導いた洗練されたフォントを生み出せた原因は、自身の偶然受講したカリグラフィーの授業がことだったり、コカ・コーラは当初薬品として販売し、水で原液を割って飲んで処方していたところ、炭酸水で割ると美味しいということが発覚しビジネスを開始したというものが挙げられます。

全て偶然であれば我々は何もアクションを起こせないではないかと考えられるかもしれませんが、そうではなく「偶然を計画し、成功に導く行動を行う」ということが肝です

・あらゆることに挑戦し、偶然を創出する

・創出された偶然に着目し、成功に導くさらなるアクションを行う

・好奇心、冒険心、持続力、楽観性、柔軟性が上を達成するのに重要

これを行うことが成功の秘訣と考えるのがPlanned happenstanceのエッセンスです。

 

「多動力」「Planed happenstance」

とにかく行動することでわくわくする人生を送られればと思いました。

 

その幸運は偶然ではないんです!

その幸運は偶然ではないんです!

 

 

保険に関する日々

保険に関する日々を送っている。転職の希望業界が金融なのだけれど、他業界からの転職は、保険会社が多くを占めているからだ。

昼から、神戸でA社の面談。面談とよぶにはいささかフランクだったけれど

おかげで管理職の方と楽しくお話することができた。

このご時世、どこも同じだが求められるのは「マーケティング」であると感じた。

販売の仕組みづくり、つまり顧客との接点拡大と高い支持を受けるコンテンツ作り

を非常に苦難されている。「よくわからないけど、入らなければならないと思わせる商品」と人々の心理にこぎ着け、保険業界の歴史を聞いているうちに、はたして自分がこれを生業として良いものかどうか疑問を感じるところがあった。ただA社からは、保険に対するそういった負のイメージを払拭し、「お客さまの豊かな人生設計のための金融リテラシーの向上」を日本において実現したいという気持ちがよく伝わり、そこは好印象があった。果たして入社後もこういった理想に進めるのかはいささか疑問だが、その当たりにリアルなエピソードはおいおいというところだろう。

 

大阪に戻り、M社の生命保険のセミナーに参加。フィンテックに伴う生保の革新、求められる生保の営業像といったところがテーマだ。AIやロボット化によって今後は人がするべき職、ロボットがする職としっかりと区分けされる。ビッグデータを用いて最適なプランを策定するのはロボットが行い、人はお客さまが持つニーズの把握とサポートだ。

最後にプレゼンターのF氏のモットーについて。

至誠(誠実な人格)知行合一(知識と結果が結びつく)知好楽(仕事や学びを楽しめ)

だそうだ。論語に学べということでもある。

 

幸福な転職

5月30日

 

今日はR社の模擬面接の日。業界最大手の名に相応しく

高層フロアにオフィスを構えられている。

受付をすませ、しばらくすると担当のNさんが来られた。

簡単な挨拶をすませ、練習にはいる。部屋に入り、自己紹介という形から

「自分の準備のしていなささ」が露呈する。いつもの能天気な所は

本当に反省しなければならない。

 

そしてNさんの最初の質問があった

「あなたはプロフェッショナルを通じてなにを実現したいですか?」

本当に恥ずかしい話、そこからは動揺して何も伝えることはできなかった。

 

模擬面接をすませ、フィードバックへ

・笑顔を絶やさない

・面接の場は言葉にされたものが全て

・とにかく、分かりやすくシンプルな答えを

・志望動機で感動させる

というアドバイス。全体的に答えが長く、複雑なものでイメージできにくいという印象を与えてしまっていたようだ。

 

 

それから「仕事への考え方」を教授いただく。

はじめのプロフェッショナルについての質問はその人の「仕事への考え方」

を伺ったものという。「例えば、、」とNさん

「城をつくる大工さん2人にきく、今なにされているんですか?」と

「一人はレンガを積んでいるのです、と答える。もう一人は人々が圧倒するような素晴らしい城を造ろうとしています、と答える。どちらがいい仕事をするでしょうね」と。

この手の話は実際よく聞くエピソードだったが、この時初めてその言葉の意味を実感した。

 

つぎに仕事で上手くいく人の特徴はこれらを持っている人だとNさん

 

f:id:RSW364:20170531125748j:plain

信頼性(コミュニケーション力のある人)

専門性がある人

マネージメントができる人(セルフマネジメントや器用さ)

 

ただこれだけでは仕事が続かない人がいるという。

真っ当な仕事は基本「辛いもの」であるからだ。

そこで必要なのが城のエピソードにもあったもの「実現したいこと」である

 

f:id:RSW364:20170531125756j:plain

Nさんは「夢」と呼んだ。この世には二つの仕事がある。

・つらいけど、楽しい仕事

・つらいし、楽しくない仕事

これらを左右するのが夢である。この夢が三つの要素の中にあることが

仕事ができる人なのだ。(三つの外にある場合、それは独りよがりである)

 

良い仕事をする→お客さまが満足する→会社の利益になる→会社での評価があがる→夢を実現させるというのが理想形。ただ、何かしらの理由がありそれらが達成できない人が世の中にはいる。この好循環なサイクルを達成させるために人は転職するという。

 

自分にとって仕事をすることの理解を深めなければならないと強い観念を受けた。

そして最後に印象が強かったのがNさんの笑顔であり「この仕事は楽しいよ」という言葉である。50は過ぎていると思われる方が第一線で顧客と向き合い、自分という商品で価値を生み続け、活躍している。この日教えて頂いたこと全てがNさんから体現されていたことであった。