感想:悩みどころと逃げどころ

なんでもない日は本を読むに限る。

 

元祖プロゲーマーことウメハラ氏と社会派ブロガーちきりん氏による

対話が書かれている本。

最も興味深いことは両者人柄が正反対でありながら共通する点も多いように思えたところである。

半径5メートル以内のことにしかないウメハラ氏と以外のことばかりに目がいく、ちきりん氏。お互いがお互いを「変わっている」と称するが第三者から見れば両者幾分変わりものと感じる人が大半だと思う。

 

そんな二人が「日本の教育制度」を展開する。

先生の指示に従うのみの授業、通信簿による評価、そんな学校的価値観への抵抗。学校では居眠りをし、10代をゲームに捧げた人とは

思えないよう的確な自論を展開するウメハラ氏に脱帽した。

氏はゲームを通じて学校で学ぶべき「思考力」「社交性」を能動的に

学習したと発言の随所で伺えるのである。

 

学校が全てではない。自分の進む世界で真剣に勝とうとすれば

そこには壁があり、乗り越えようとするうちに考える力や聴く、話す力が

身につくようだ。多様性が認められようとするこれからの社会にはよりそのような成長が期待されるのかもしれない。