感想:『編集者という病い』見城徹

共同体を維持していくためには、倫理や法律や政治やそういうものが

必要だろうけども、一匹の切ない共同体にそぐわない羊のために

表現はあると思っているわけです。

 尾崎豊とのエピソードが色濃く語られている。

その中で印象的な言葉が上記のものであるが

まさに表現者表現者あるが故に少しの乱暴は許されるべきと思う。

 

他のあらゆる争いや戦いと違って、前提条件となるのは

勝者に何ものを与えぬこと、その者にくつろぎもよろこびも

また栄光の思いもを与えず、さらに、断然たる勝利

収めた場合も、勝者の内心にいかなる報償をも存在せしめないこと

「勝者には何もやるな」を座右の銘とする見城氏

最高の努力で最高の結果を勝ち取るような瞬間を

いつか感じてみたいものです。

 

編集者という病い (集英社文庫)

編集者という病い (集英社文庫)